御堂筋・長堀21世紀の会とは

長堀・心斎橋・南船場の街づくり

長堀、心斎橋、南船場エリアは、国際集客都市・大阪の都心核。 この地域に都心の魅力を創出して大阪再生を図るために、 我々は2002年からは長堀・心斎橋・南船場の街づくりの会合を開き、地域の方々とも 議論を重ね、「長堀・心斎橋・南船場のまちづくり提言書」を作成しました。 これをもとに内閣官房に応募し、2003年度全国都市再生モデル調査対象に 選ばれました。構想の対象としたのは、四ツ橋筋・堺筋間の長堀通りを含む 《長堀・心斎橋・南船場》地域55ha。ここを5つのエリアに分け、 それぞれに特徴を持たせることで、大阪らしい賑わいと感性の高い都市空間を創出し、 国際集客都市・大阪の都心にふさわしい「おしゃれな大人の散歩街」を目指します。

私たちは、こんな活動をしています。

御堂筋・長堀21世紀の会の会員資格は法人です。長堀・心斎橋・南船場地域の様々な異業種企業・商店、約150社で組織されたユニークな企業町会です。1982年結成以来、実効的なまちづくりへの提言活動を粘り強く繰り返し、 1991年に提言した地下四層のジオフロント構想は、長堀地区整備事業の中に実現しました。

街づくり提言活動のほかに、イベント運営、環境保全(不法駐輪、放置看板) 美化清掃、親睦・交流など、多彩なまちづくり活動に取り組んでいます。